検索
  • Tomoko

風呂とガラスの壁のこと

アースシップミマの風呂は上が吹き抜けで、

蒸気は上の天窓的な開閉する扉で出す。


上が吹き抜けだからキッチンの方にも蒸気がくるかというと

そんな感じでもなく、

多分、廊下に植えた植物や、

天井や壁の木が呼吸できる仕様の塗装をしてあるので

そういう諸々が水分を吸ってくれてるんじゃないかと思う。


さらに南側に面した大きな曇りガラス越しに入ってくる

太陽光のおかげもあってか通年通し割とカラッとしている。


風呂場の仕切りの壁には空瓶がたくさん埋め込まれていて

日差しの加減で時々透けてステンドグラスのようだ。


ちなみにこの家のために集めた空き瓶は約4000本

こうやって文字にすると我ながら、よくもまあそんなに集めたなと思う。

空き瓶をこうやって壁に埋めてステンドグラスのようにするのは

アースシップ工法の手法の一つで、

一見簡単そうに見えるけれど、意外と綺麗に仕上げるのは難しい。

ガラスを埋め込んだ後、壁の仕上げ材を塗って

ガラス表面が綺麗にくっきり浮き出るように

仕上げ材を落とさないといけなくてそれが本当に難しい。(少なくとも私にとっては)

10個やそこらだったら気力も続くけれど、

壁全面にぎっしりでしかも両面。

だからよく見ると、中途半端な仕上げの箇所もいくつかある。


いつかまたやる気になったら仕上げるつもりだ。

いつなんだろう。


写真は朝起きたら綺麗に透けていた

壁に埋まった大量のコーラなどの空き瓶。

























0件のコメント

最新記事

すべて表示

この間ブログで書いた雨が降って霧が出た日。 鳥の声が響いて、あたり一面に霧がスーッと動いていて とても美しかったので外の様子を動画に撮ってみたら 意外と良い感じだったため、 ここにアップしておきます。